塩干 木源

取扱い商品

 北海道根室産の本紅鮭と浜田産笹かれいをメインに、身欠にしんや棒だら、汐鯖など

住所

 京都市中京区錦小路通柳馬場東入ル東魚屋町169 

電話番号

 075-221-6466 

営業時間

 9:30 - 17:30 

定休日

 水曜日 

店舗紹介

 

 錦小路通柳馬場を東に入ると間もなく、塩干物を取りそろえた木源が店を構えている。明治43年創業で、今年で102年目をむかえる老舗である。木源、という名前の由来は先祖である木屋源七さんの木と源を取ったもの。この木屋源七さんは、当時北野天満宮の近くで料亭を経営していた方で、同じ錦市場で足袋などを販売している雑貨屋「木源」の先祖でもある。この雑貨屋木源が母屋だ。今回紹介する塩干物を扱う木源は、今で三代目。そんな歴史のある木源が扱っている商品は、本紅鮭と浜田産笹かれいをメインに、身欠にしんや棒だら、汐鯖など京のおばんざいにかかせない食材ばかり。塩干物を扱う店が多い錦市場の中でもとりわけ種類が豊富である。また、単に種類が豊富なだけでなく、すべての商品の産地にこだわっているのも、木源の特徴でもある。木源のメインの商品の鮭は、いつお店に行っても道東根室で獲れたものが並んでいる。店主は「多少高い値段でも、こだわった産地のものを買いにきてくださるお客さんがいる限り、お店を続けていきたい」と語る。このような産地へのこだわりが、木源の歴史を支えてきているのだ。

 

お正月の様子

 

 木源の店先には一年中、産地にこだわった鮭や鰈(かれい)が並ぶ。お正月は、おせちに使われる棒だら・数の子、またにしんやからすみがよく売れる。これらは店先に赴けば一年中手に入る商品である。しかし、「りゅうひ巻き」はお正月にしか手に入らない限定商品である。りゅうひ巻きは京都のお正月には欠かせないおせち料理の一つであり、昆布でひらめの酢じめと生姜を巻いた、見た目が巻き寿司のような伝統料理である。

 

 

お店の方の、夏のおススメ!

  

ホタルイカのみりんぼし(右写真、左上)

味がとても濃厚なので、日本酒のおつまみなどには持ってこいの商品です!

 

うるめ丸干(右写真、右上)

つきだし・おつまみにおススメです

 

桜えび(右写真、左下)

天ぷらとしてかき揚げにしてもらっても良いですし、パスタなどと一緒に和えるのも良いです!